« 森のガーデンと食べマルシェ | トップページ

むかわの恐竜と旭岳の紅葉、大雪遊水公園

あっという間に10月!
旭川も朝晩はだいぶ寒くなり、先日は6度位、東京の冬くらいの気温まで下がりました。でもまだまだ序の口。
マイナス20度の冬がジリジリと迫ってきています…(°▽°)

ところで、ご存知のとおり北海道には美味しいお菓子が多い。北海道銘菓といえば六花亭やロイズ、柳月、白い恋人の石屋製菓などなど他にもたくさん。

息子の体操教室の日は、教室近くのイオンでおやつを食べる日にしているのですが、せっかくなので北海道ならではのお菓子をピックアップして楽しんでます。
その中で、衝撃の美味しさだったのがコレ。
柳月の《ぶどう包み》。



パッケージは普通だし、ただ何となく買ってみたので正直全く期待はしてなかったのですが。
ガブッと半分かじって、うわ、ナニコレ美味しい!とすごくビックリ。
みずみずしい甘~い葡萄がお餅(求肥)にくるまれてる、食べた事のない美味しさのお菓子でした。
ナガノパープルという品種を使った9月末までの期間限定商品だと聞き、翌週も息子と買いに行ったところ…すでに完売。
あまりの人気で工場に材料がなくなってしまったそうで月末を待たずして終わり。
すっごく残念だねーと、息子に言うと
『うん、でも、一回でも食べられて良かったね。』と驚きの前向き発言。
そのとーり(*^_^*)
来年の再販に今から期待してます!

そして、休日のお出かけスポット巡り、ちょっと日にちは遡りますが先日は旭川から車で約4時間のむかわ町に行ってきました。
むかわ…恐竜好きの人なら知っている場所。
ハドロサウルス科の恐竜の全身骨格が発掘されたところです。
その名も《むかわ竜》

今回はその化石の一部の展示と、この度むかわ町が購入したティラノサウルスの全身骨格模型(レプリカ)のスコッティの展示を見に行きました!





全長は12メートル、骨格はカナダで発掘されたものですが、これまで発見されたティラノサウルスの全身骨格としては世界最大級とのこと。
レプリカではありますが、本当に大きく大迫力で見ごたえ十分。
むかわ町はこれからどんどん恐竜で盛り上がって行くでしょう。楽しみですね~。

そして、先週日曜日には旭岳に行きました。
雪が降る前に紅葉を見ておこう、ということで。
ほんとにギリギリセーフ。
見に行った後に初冠雪のニュース、今ではすっかり雪景色になっているようです。
今回、山頂までは登りませんでしたが、途中まででも充分堪能、紅葉がとても美しかったです。



Photo

インドア派の息子が意外にも喜んでどんどん登って行くので、来年は父子で山頂を目指すとのこと。
一年でもっと息子の体力もつくからきっと登れるだろうけど、私がついて行けるかどうかは…(^^;)オバサンはせっせと足腰鍛えないと(>_<)

旭岳の帰り、とても広~い公園に寄りました。こちらも美しい公園でしたshine



真っ赤なナナカマドも美しい。







息子、とんぼ取りに夢中なので、嫌いだった虫にも興味が湧いて、好きになったのね~良かったわ~と思っていたら、なんか変。
アミで取っては逃し、取っては逃し…で、いっこうに手で触ろうとしない。近くで観察もしない。
そう、全然虫好きになったわけではなく、ただキャッチアンドリリースを楽しんでただけでした(>_<)

あんなにたくさんいたとんぼももう一気にいなくなり、本当に冬が近く感じます。
今月末くらいに雪が降るかどうか…。まだもう少し秋を楽しみたい気分です。



【大雪遊水公園】

|

« 森のガーデンと食べマルシェ | トップページ

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森のガーデンと食べマルシェ | トップページ