« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

「釧路会」 in 渋谷♪

先週の金曜日、「釧路会」しました~♪

フレンチレストラン「イオマンテ」さんで開催されるお料理教室に
参加されていたのは釧路の地元の方はもちろん、
転勤族の奥様もかなり多かったhappy01

私もその一人ですが
「せっかく転勤で釧路に来たのだから美味しい食材を使った料理を習いたい」、
そして「お友達を作りたい」。

そんな気持ちで参加する方が多いのだと思います。
(それに加え、おしゃれで美味しいレストランで習えるというのも
大きな理由ですが☆)

そうしてお料理教室を通して仲良くなったお友達も
私が釧路にいる3年の間に次々と道内・本州、
あちこちに引越して行きました。

金曜は千葉と東京に引っ越したお友達
Mieさん、Kumikoさんと久しぶりに再会。
念願の「釧路会」開催ですshine

ランチの場所は先日私の日記でも紹介したクレープリー「ガレットリア」。
全員、ここではまだガレットを食べたことがなかったので、
このお店にしました。

とてもカントリーなカワイイ店内でガレットを食べながら、
近況報告や釧路の懐かしい話、いままでお互いに
知らなかった過去?の話題で盛り上がりましたhappy02

東京・千葉の暮らしも落ち着いたようで、
習い事をしたり楽しく過ごしているようす。
良かった良かったnotes
(イオマンテさんのお料理教室のように満足できるレッスンはなかなか
見つからない、というのが共通の意見でしたが)

ランチタイムのガレットは、
お食事系のガレット+デザート系のガレット+飲物で2100円。

私が注文したのはトマトとオリーブとチーズがのったガレット、
そして塩キャラメルのガレットのセット。
どちらもとても美味しかったhappy01

なので写真を載せたいところですが…
残念ながらは写真なしweep
(取り忘れたのではなく。)

注文したガレットが来たのでいつものように
カメラを出していたら、お店の方に写真はダメ、と
言われてしまいましたsweat01

その時は、あ、そうですか、と撮るのを
あっさりやめたのですが。

今、改めてブログを書いていて、
なんで注文したものの写真を撮っちゃダメなんだろう、
と疑問が湧いてきました。

店内やスタッフの方をバシバシ撮ったり、注文していないもの、
(たとえばショーケースに並べてあるケーキとか)
を勝手に撮影してはいけないというなら分かるのですが。

写真を撮ったからといって、何かに悪用するとも限らないし、
ブログに載せるとも限らないし。
お誕生日の記念とかに撮るだけかもしれない。
お店は何を心配しているのだろう。
(悪用しそうに見えたのかしらsweat02

しかもこのお店、代金前払い制です。
入店直後、レジでお金をはらっているので
すでに「商品」は購入してるわけです。
なのでますますわからない。

私もお花のイベントなどをやっていると
ディスプレイしてるアレンジ作品の写真を
無断で撮って行かれる人もいます。

撮影はご遠慮下さい、と言おうかと思ったことも
ありますが、もし私の作品を「素敵だから、真似したいわ」と
思って下さったとしたならそれは嬉しいし、
私ごときの作品ですからね、まぁいいか、と思ったりしました。

それが、購入して下さった方ならなおさら。
お買い上げ後、ご自宅で作品の写真はとらないで下さいとは
言えないですし。

いずれにせよ、ガレットを食べ終わってからでも
写真NGの理由を聞いてこなかったのは失敗~down

せっかく美味しかったので、紹介したかったのですがね。
なんか微妙にモヤモヤ中ですtyphoon

場所を変え、次にお茶をしたお店はMieさんお勧めの
「カフエ マメヒコ」 
※「カフェ」じゃなく「カフエ」だそう

http://www.mamehico.com/flash/index.htm

シックな内装でおしゃれなクリスマスツリーもあって、
すごーく落ち着く、素敵なカフェでしたhappy02

MieさんとHPによると…
このお店はコーヒー豆は札幌の「菊池珈琲」を
使っていて、デザートなどの小豆も十勝、ワインも十勝。
北海道産にこだわっているらしい。

カプチーノを頂きましたが美味しかったheart02
Mieさんが注文した「ビスケット」もつまみ食いさせて頂いたけど、
こちらも非常に美味しかったheart02
小豆とチーズクリームをつけて食べたのですが、絶妙なお味shine

また次回、他のデザートなどを食しに行きたいと思いました。
(写真…撮り忘れた!
写真はダメ、とは言われたわけではありませんpaper

Mieさん、Kumikoさん、ありがとうございました☆
またお会いしましょうね~note

| | コメント (2)

『ゴースト もういちど抱きしめたい』

昨日、友達のA実と『ゴースト もういちど抱きしめたい』を観ましたshine

1990年に公開されて大ヒットした『ゴースト ニューヨークの幻』。
20年の時を経て、設定もあらたにアジア版にリメイク。

韓流スターのソン・スンホンと松嶋菜々子の共演。

20年前のオリジナルは陶芸家がモリー(デミ・ムーア)で
銀行員がサム(パトリック・スウェイジ)。
サムがゴーストになるという話でしたが、今回のリメイク版は、
ソン・スンホンが陶芸家。
松嶋菜々子が敏腕社長でゴーストになってしまうという男女逆の設定。
どんなふうになるかな~、と思いましたが、
なかなか良かったshine

20年前のオリジナルも、今となってはかなり記憶があいまいだったので
リメイク版はリメイク版として、ときどき涙しつつ楽しめました。

http://www.ghost-movie.jp/

観たかった理由はなんといっても「ソン・スンホン」氏ですが…happy02

2004年の韓流ブームでは、私もブームにのってガッツリハマり、
冬ソナはもちろん、いろんなドラマを観たし、
某・K-POPアーティストのコンサートに行ったり。

色々観た中でダントツ、「ソン・スンホン」氏は印象深かった。
長いまつげの美しい目元から流す大粒の涙。
こんな俳優さん、なかなか日本にはいないsign03
かなりハマった~happy02
…が、間もなく兵役に入ってしまった為、
新作も出ず、そうこうするうちに私の中での韓流ブームも
終わってしまいました。

あれから6年。
また微妙に静かに私は第二次韓流ブーム中(笑)
ダンナ氏の母、S子さんが昨年あたりから韓流ファンに
なったのが大きな理由ですね~。
今では私より詳しいからスゴイ☆

一時で終わってしまうかに見えた日本の韓流ブームですが、
予想外にも、今やすっかり定着して、
さらにK-POPアイドル旋風も巻き起こってるし、すごいなぁ。

話はそれましたが、『ゴースト』でのソン・スンホン氏、
私の期待を裏切ることなく、相変わらずの美しい目元から
大粒の涙を流してくれましたlovely

満足(笑)













| | コメント (0)

プリザーブドフラワーリース for SOL.A

一昨日、オーダー頂いていたプリザーブドフラワーリースを
納品してきましたshine

Dscf3681

Dscf3633

☆リボンは取り外し可☆

美容師で、オーラソーマプラクティショナーでもある、
仲良しKacoちゃんの癒し系の美容室shine
今年の2月に代官山にオープンした隠れ家的サロンですhappy01

おしゃれな店内にはオーラソーマの美しいボトルがずらり。
カットやパーマなどヘアデザインはもちろん、
オーラソーマのコンサルテーションや
アストロロジーリーディングのメニューもあり。
自分磨きをサポートしてくれる癒しの空間ですnotes

オープン後、初のクリスマスに私のリースを飾ってくれるというので
とっても嬉しい♪

リースのオーダー内容は…
「大きさは20cm位、ダークブラウン系のお花で☆」

ダークブラウン系…flair
おしゃれなkacoちゃんにも、お店の雰囲気にもぴったり。
もともと好みが似ているから、すぐデザインのイメージが湧きました。

気合いを入れて製作した甲斐があり、
とっても喜んでもらえ、良かった~heart04

お店やオーラソーマについては『SOL.A』サイトをどうぞ↓
http://www.sol-a.net/

| | コメント (2)

ガレット戦争?

釧路で「イオル」さんがオープンした時にガレット(そば粉クレープ)を食べたのを
最後にずーっとご無沙汰dash

なので最近、無性にガレットが食べたくなり、
先日、ダンナ氏と渋谷のBunkamura近くにある
「CREPERIE Ti ROLANDE(クレープリー  ティ・ロランド)」に
行ってきました~happy01

(イオマンテさんのお料理教室や4丁目プロジェクトで3回もガレットの
作り方を習ったんだから、自分で作ればいいんだけどねーsweat02

2006年2月の日記にも書きましたが、表参道にはもともと
ガレットの店(クレープリー)
「カフェクレープリー ル・ブルターニュ」があるのですが
(日記を書いた時の場所からは移転したかも)、
渋谷にもいつの間にか増えていて今、私が名前を知るだけでもすでに3軒flair
ガレット専門店じゃなくカフェの1メニューとしてガレットを出す店も
入れたらもっとあります。

先日行った「CREPERIE Ti ROLANDE」は今年夏にオープンしたようですが、
この店の斜め前にもガレットの店「Galettoria<ガレットリア>」があり、
なぜか激戦区~☆

Dscf3610 Dscf3613

「CREPERIE Ti ROLANDE」(上)と「Galettoria<ガレットリア>」(下)


「CREPERIE Ti ROLANDE」は1937年創業のパリで最古の歴史を誇る
クレープリー「Ti Jos(ティ・ジョス)」3代目経営者で、「ガレット発祥の地」
ブルターニュ出身のロランド・オリトロー夫人がプロデュースしているとのこと。
「Ti ROLANDE」という店名はブルターニュ語で
「ロランドさんの家」を意味するらしい。

店内は大人の雰囲気のモノトーン。
私が行った時はお客の半分くらいが欧米人だったdash
フランス語を話す家族連れも来ていたので、
やはりフランス本場の味を提供しているお店なのでしょう。

私は目玉焼き・ハム・グリエルチーズの「ガレットコンプレット」に、
マッシュルームをプラスしたガレットを頂きました。
美味しかった~heart04
そば粉の味がしっかりしていて、もちもち。
端は少ーしパリっと。全体的にとてもいいお味で久々のガレットに満足lovely

Dscf3607


…ただ、私としてはイオマンテさんやイオルさんの豪華なガレットを
見なれてしまっているので、ちょっとだけ見た目が寂しい感じがsweat01
本場ブルターニュ地方の家庭料理ですし、基本のガレットコンプレットに
マッシュルームがついただけのメニューだから
こんな感じで良いんだとは分かっていますが。

イオマンテさん&イオルさんでいつも頂いていたガレットは
盛り付け方が非常にゴージャスで彩りがきれいだから、
見るからに美味しそう☆と、食欲をそそるし、
釧路の牡蠣や秋刀魚知床鶏や達古武豚がごろっと入っているメニューも
あったりして(季節によりますが)めちゃめちゃ食べ応えがある。
そして生地の周りのチーズのパリッパリ感も超美味しいnote

…その豪華な印象がすっかり当たり前になってしまっていたdash

(「釧路のオリジナルガレット」としてホントに全国に自慢できると思いますshine
釧路のみなさん、引き続き「それいけ、北のガレット大作戦」頑張って下さいsign03

もちろん「Ti ROLANDE」のガレットもとっても美味しかったですgood
違うメニューはもっとゴージャスなのかも知れませんしね。

私はこれからも他のクレープリーに行って食べ比べ、
レポしてみたいと思ってます☆

■「CREPERIE Ti ROLANDE(クレープリー ティ・ロランド)」
(渋谷区松濤1、TEL 03-5456-817)
http://ti-rolande.com/

☆渋谷・表参道界隈のクレープリー☆

■Galettoria<ガレットリア>
http://www.many.co.jp/galettoria/#

■Au Temps Jadis<オ・タン・ジャディス>
http://www.many.co.jp/jadis/shopdata_creperie.htm

■ガレットリア/オ・タン・ジャディス2店共通サイト
http://www.many.co.jp/jadis/salon.html 

■ラフェデリース
http://lafeedelice.com/

■カフェクレープリー ル・ブルターニュ
http://www.le-bretagne.com/

☆釧路☆
■イオマンテ
http://www.i-omante.com/
■イオル
http://www3.ocn.ne.jp/~ior/701.html

| | コメント (4)

北海道からの来訪者♪

ハロウィンが終わったらあっという間に街中がクリスマス。
…が、11月といっても結構暖かいのでまだクリスマス気分にはなれない感じ。
(すでにダウン着てる人結構いるけど、暑くないかい?と聞きたくなる。)

花ビジネス界では6月頃からとっくにクリスマス商材が販売されて
いるので、私としてもホントは準備万端☆としておかなければ
ならない所ですが、引越しや色々諸事情があったので今年は今ひとつ遅れ気味。

釧路で参加させて頂いていた「Happy Bon Bon」や「癒し工房」
のようなイベントはないし、正直なかなか気合いが入らない。
イベント出展は準備が大変だけど、お客様が、
可愛い♪とかキレイ♪といいながら手にとって下さる様子が
何よりも嬉しかった。
こちらではそういったイベントに出るのがなかなか難しいです。

とはいえ、今は知り合いの方の楽天サイトにて私のアレンジを
出展させていただいているので、そちらのクリスマスアレンジなどの
準備を遅ればせながらボチボチ進めてる状態であります。
(急がねばdash

ハロウィンが終わったらすぐこのブログのハロウィンアレンジの画像も
秋のリースの画像に変えようと思いつつ遅くなってしまいました。

落ち着いたローズでシックな感じのリース(というかスワッグ)にしてみました。

Dscf3596   

10月後半には北海道からわが家への宿泊客があり、
久しぶりに懐かしい再会が嬉しかったですshine

同じマンションに住んでいたS子さん、そしてその次の週は
ダンナ氏の姉、E子さん。

S子さんは釧路で私の花レッスンも受けてくれていたので、
東京観光の一番目は、四谷にある花資材店からスタート。
1階から7階まで全部花の資材で埋め尽くされているビルなので
1時間では足りないのですが、次にコンサートの予定を入れていたので
早々に切り上げて、初台の東京オペラシティへdash
そこでバイオリンとピアノのランチタイムコンサートを聴きました。
このコンサート、パイプオルガンもある素晴らしいコンサートホールで聴けるのに
なんと無料。月数回、色々なコンサートをやっているのですnote
http://www.operacity.jp/

その後は、新宿で自然食レストランのビュッフェでランチ→
原宿駅から表参道を歩き、表参道ヒルズでショッピング→
リニューアルオープンした渋谷の『Natural Kitchen』でお買いもの。
ここはかわいい雑貨なのになんと100円shopなのです(315円もあり)☆

残念ながら北海道にこの店はありません。
釧路にいる時から、帰省の度に買い物に行き、
北海道には進出しないんですか??と店員さんにしつこく聞いてしまったほど。
http://www.natural-kitchen.jp/index.html

そしてマークシティ内のカフェでお茶をしてわが家帰り夕食。
分刻みに近い強硬スケジュールでしたが、楽しい一日でしたhappy01
S子さん、また来てくださいね~♪

そしてその次は、札幌のわがファミリー。
高校生の姪っ子が吹奏楽のコンクールで東京へ。
その高校は吹奏楽の強豪校で、三年連続、今年も「普門館」出場を果たしました。

この「普門館」、吹奏楽をやっている高校生にとっては
高校野球でいう甲子園のようなものだそう。
中学、高校、大学、一般の4部門に分かれ日本の吹奏楽界では
最大規模の大会だそうです。
前半の部だけ聴きにいきましたが、甲子園だけあってレベルが高いのなんの。
高校生でこんなにうまく演奏できるなんてhappy02
プロとどこが違うのか、素人の私には全然わからない。
どの高校もホントに迫力があって素晴らしく、聴いていて涙が出ました。
姪っ子の高校は、去年、一昨年と金賞だったので今年も!と期待が
高まっていましたが、惜しくも銀賞。
でも、金賞に匹敵する素晴らしい演奏でしたshine

高校の青春時代を練習練習と朝から晩まで練習に費やした姿を
札幌で間近に見ていたので、ほんとによくやったなと感動しました。
若いうち、苦しみながらも何か一つに打ち込む時期があると今後の
人生に役立つんだろうな。
(かくいう私は何に打ち込んだろうか…sweat02

そして姪っ子の母である、ダンナ氏の姉、E子さんの、
どんなに仕事が忙しく疲れていてもどんなに睡眠時間が削られても
娘のために早朝に起床してお弁当を作る姿、これも間近に見ていたので
母というのはすごい!!と改めて尊敬weep
家族みんなでとった賞です。
Mちゃん、皆さま、お疲れ様でした!

~~~~~

音楽を聴きにいくと楽器が弾けるのっていいな、と思うnote

私の人生で、唯一習った楽器はエレクトーン。
小学生3年生からお受験のスパルタ塾に通い始めたので
それまでやっていたちょっとした習い事は全部やめてしまい、
受験後、中学生になってからエレクトーンを習い始めたけど…
ヒステリックなおばさま先生が怖くて1年ほど習って
全く上達しないうちにやめてしまったsweat01

スパルタお受験塾の方がよっぽど恐ろしかったはずなのに
(今じゃ考えられないけど、殴られて鼻血を出したこともwobbly)、
なんでヒステリックなエレクトーンの先生に負けてしまったのか…。
(おばさんの方がさらに怖いってこと??)

一般的に習うならまずピアノを、となるところですが、
なんでエレクトーンだったかというと家にエレクトーンがあったから。
亡き父はエレクトーンをはじめ楽器を弾くのが得意だった。
家にはバイオリンも尺八もあった。

なのに何の楽器も習得しなかったのが非常に悔やまれる。
音符がスラスラ読めて、楽器が弾けたら楽しいだろうなぁlovely

楽器が弾ける人って素敵heart02

| | コメント (4)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »