« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

エスプレッソマシーン♪

10月31日はハロウィンです☆

ずいぶん前の日記にも書いたことがありますが、
十数年前、アメリカのケンタッキー州でホームステイをしていた時に
各家庭や学校などでハロウィンの飾りつけを見て以来、
ハロウィンのアレンジや飾りが大好きにheart02
その後、お花の仕事をしている関係でハロウィンの飾りもさらに
身近になりました。ハロウィンのアレンジを作ったり
リースを作ったりcute

10月に入ってから我が家のウエルカムボードもハロウィンバージョン中です☆
フェイクのかぼちゃやJack-o'-lanternのライトもディスプレイしてます。

Dscf3544syuusei Dscf3545


先日、釧路の天気予報を見てびっくり。
もう最低気温は2度位になっているんですね~sweat01

今年は釧路もだいぶ暑い日が続いたようですから
まだまだあったかいのかななんて思っていたら。

東京もちょっと肌寒くなりました…なんて言っても
まだ20度位はありますから、寒いなんて言ったら
釧路のみなさんに怒られちゃうかbleah

…とはいえ、冷たい飲物よりあったかい飲物がうれしい季節になってきました。

そこでついにflair
エスプレッソマシーンを買いました~happy01

正確に言うと、10年ちょっと前位からエスプレッソマシーンは
持っていたので「買い替えました」なんですが。

でも「買い替えた」と言えるほど以前のマシーンは使っておらず、
せいぜい出番は5~6回位か・・・。
懸賞で当たった(というか無理やり当てた?)マシーンは
独身時代から10年ちょい、梱包されたまま引越しの度に渡り歩き、
ついに今年釧路を去るときにサヨナラしました。

そのマシーンは某外国メーカーの
ちゃんとしたものだったのですが、
音は大きい、振動は激しい、粉はあふれる、
おいしいエスプレッソもフォームドミルクもうまく作れない…
満を持して?作っても、兄には「音うるさいし…美味しくないね」
とまで言われる始末。
結局コツがわからないままギブアップしお蔵入り。

6~7年前だったか、ダンナ氏がイタリア出張から帰ってきて
「オフィスに簡単にエスプレッソができるマシーンがあったよ。
コーヒーの粉を手で詰めなくてもよくて、
カプセル状のものを入れればすぐできるタイプだった」
という話を聞き、そんなんだったらいいな~と思っていましたlovely

とは言え、立派なマシーンがあるし、買い替えなんて考えず
使いこなせるよう頑張ってみるかと思いつつ、
うまく作れるようになっても騒音と振動は変わらないし…
でもサヨナラするのはもったいないし、といまいちグズグズ。

釧路で某コーヒーショップのコーヒーレッスンを受けた時、
店長さんに話したら、お店にマシーンを持って来たら使い方をコツ教えますよ、
お手入れもします、と親切に言って頂いてたんですが、
そこで購入したわけではないのにそこまでしてもらったら申し訳ないよな~、
とまたグズグズしているうちに引越しになってしまいました。

というわけで、引越し荷物の多いわが家はやはりもうこれ以上
使うかどうかわからない古いマシーンは持っていられない、ということでサヨナラ。
(もったいないけど…ゴメンナサイcoldsweats01

そして先月、ついにカプセル状コーヒーで作れるマシーン「ネスレ」の
「NESPRESSO 『CITIZ』」を購入しました~shine

Dscf3564machine

まぁ、これが使いやすいのなんのって☆
早い、簡単、しかも美味しい、音も振動も気にならない、
マシーンもおしゃれshine

エスプレッソはもちろん普通のコーヒーもできる
16種類のコーヒーカプセルがある(デカフェも3種類)!

Dscf3566

フォームドミルク専用、別売りの「エアロチーノ」でフォームドミルクも泡がふわふわ。
カフェで飲むような本格的カプチーノも簡単。

Dscf3569

購入者対象にネスプレッソセミナーという使い方・お手入れ講座も
開催されると知ったので、先日行ってみました。

コーヒー豆の品質の話から、テイスティング、エスプレッソを使った
レシピの紹介、製品を長く使うためのお手入れ方法など・・
なかなか面白い講座でした。
しかも、エスプレッソカップやコーヒーカプセルのお土産付き。

Dscf3558seminar Dscf3560omiyage

毎日のコーヒータイムがとても楽しくなりました。
ここ最近、わが家で一番のお気に入り商品☆

めちゃおススメで~すnote

(注:わが家にネスレ関係者はおりませんので、まわし者ではございません・笑)

| | コメント (2)

安全地帯・武道館ファイナル☆

10月に入ってから我が家のキンモクセイも街中のキンモクセイも
一斉に咲き始め、街中どこをあるいても甘い香りが
漂ってます。とうとう秋ですね~maple

釧路にいた三年間は全くこの香りを嗅ぐことはなかったので
久々に懐かしい秋の香りを満喫していますshine

Dscf3549kinmokuup
5㎜位のかわいい小さい花がびっしり。

Dscf3550kinnmoku

わが家の花壇のキンモクセイ。3年間家を貸しているあいだに、
巨大化していてびっくり☆

~~~~~~~

7月3日から始まった安全地帯のコンサートツアーが終わり、
ついに10月6日、武道館でファイナルdash

釧路公演に続き、またまた行って参りました☆
今回も非常に良い席でなんとアリーナで5列目flair

9月の大阪と福岡のコンサートでいろいろあったらしく、
ワイドショーでだいぶ騒がれていましたが、
私としてはフォーラムと釧路で最高のステージを見てきたので
TVを見てもちょっと信じられない思い。

私が安全地帯のファンと知っている友人からも
玉置さん大丈夫?なんて聞かれたりして…。

体調が悪く、確かに大変なことはあったようですが、
その後は今まで通り、素晴らしいステージだったと
各地のコンサートに行った方々からの報告を聞きました。

でも、ワイドショーはほとんどその後の素晴らしいステージの事は話題にせず、
悪いところだけ繰り返したまんま…言いっぱなしにされてつくづく残念down
まぁ、それがワイドショーっていうものなんですけどannoy
そう考えると話題になる色々な芸能人が悔しい思いをしてるんでしょうねbearing

とにかくheart02
武道館はまたまたサイコー!!でしたhappy02

メンバー全員ノリノリでニコニコと楽しそうだったし、
もちろん玉置さんの歌も完ぺき、「魂」がこもってましたgood

アコースティックでのバラードのメドレーでは
井上陽水さんや松井五郎さんなど作詞を手がけた方や
そのほかアレンジャーの方など、いろいろな方に感謝の言葉をのべ、
丁寧に歌い上げていました。

ほんとにどの曲もイイ~(涙)crying

今回、会場ではmixiのコミュのみなさんともご挨拶できたし、
一緒にコンサート聴けて見れて楽しかった~。

お会いしたみなさまありがとうございましたhappy01

Dscf3546huusen

天井から色とりどりの風船が落ちてきました。
きれいだった~。2個ゲット!

関連ニュースもどうぞ↓

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1366644&media_id=51

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101007-00000003-exp-musi

今年1月に、安全地帯の完全復活を知ってから、
ソワソワ?しているうちにあっという間に10ヶ月。

その間に、3年間楽しく過ごした釧路を離れるという寂しい事も
ありましたが、人生の転機とも言えることも起こり、
忙しかったけれど非常に充実してましたshine

…って1年をまとめるにはまだ早いsign02(笑)
でも実際あと2ヶ月ちょいで今年も終わりですからね~sweat01

まだまだアクティブに活動しようと思いますnotes

| | コメント (8)

ミュージカル「エリザベート」

東京に引っ越してきてからあっという間に4か月近くたちましたflair

くしろ演劇見たい会で演劇を見ることもなくなってしまい残念ですが
(まだ会員なのでみる権利はあるのですが、そうそう釧路に行くこともできずweep)、
観にいけなかった2回の例会でもみたい会は会員数を増やし続け
活動を頑張っているようで何よりですgood

いままで何度か日記にも書きましたが、みたい会で見る演劇では、
単なる観客になるのではなく、運営担当でもそうじゃなくてもみんなで
一緒に公演を成功させようと頑張る楽しさ、成功したときの感動を
味わうことができ、ほんとにすばらしい体験でした。

そんなスタイルの演劇鑑賞はもはやこちらではできなくなってしまいましたが、
東京に戻り、以前のような「単なる観客」としての演劇鑑賞熱が再燃☆
(演劇に限らず、舞台上で行われるものを見るの全般が好きなんですが。)

あれも観たいこれも観たいという気持ちを抑えつつ、
厳選するとやはり外せないのが「エリザベート」ですshine

一昨日、数年ぶりに帝国劇場で上演されている東宝ミュージカル
「エリザベート」を見てきましたdash

「エリザベート」はオーストリア=ハンガリー帝国の皇后エリザベートの生涯を描いた、
ウィーン発のミュージカル(脚本・作詞ミヒャエル・クンツェ)。

かつて自由奔放なおてんば娘だった美貌のオーストリア皇后・エリザベートは、
生涯を通じて束縛を嫌い、自由を求め、自分とかかわる周囲の者を巻き込みながら、
死(トート・黄泉の帝王)への誘惑と闘いつつ生き、最後に暗殺されてしまう物語を、
暗殺者ルキーニの視点から語ったミュージカルです。

1992年ウィーンで上演され大ヒット、以後ハンガリー、ドイツなどでも続演され、
1996年に宝塚歌劇団の雪組が日本で初めて上演。
以来、宝塚の各組、そして東宝にて上演されてます。

私の「エリザベート」との出会いは13年前。
実は一時期どっぷりと宝塚にハマった時期がありまして(笑)

それまでは全く宝塚には興味がなかったのに、
…それどころか「化粧すごいし、なんかコテコテな世界でしょ~気持ちワルイじゃん」
…なんてヒドイこと言って毛嫌いしていた世界なのに、
諸事情により、ある時期2年位ど~っぷりヅカにハマってしまいました(笑)

あるカルチャースクールで友達が
「まぁ、まずこれを見てよ」といって貸してくれたビデオが
雪組版「エリザベート(一路真輝さんのトートと花總まりさんのエリザベート)」。

それが初めて観る宝塚だったのですが、
「エリザベート」というミュージカルの曲と舞台と衣装の美しさに感動、
ガッツリハマりました。
曲を覚えて口ずさんでしまうほどheart02

それが1997年ごろなのでエリザベートの初演は映像でしか
観ることはできませんでしたが、以来、宝塚版・東宝版ともに
いろいろなキャストで何公演も観てきました。

上演されるごとに演出は変わるので
あの公演の時は舞台装置はこんな感じだったな、とか
前はこのセリフがこうだったけど今回はこうなったのかとか
曲がちょっと加わったり減ったり、衣装はもちろんダンスにも変化があり、
時には自分のお気に入りの部分がなくなったり変わったりもするので
ちょっと残念~、なんていうこともありますが、やっぱり全体的に
毎回とても良いです。
なんてったって曲が素晴らしいnoteどの場面のどの曲も大好きです。

今回の公演はエリザベートはダブルキャスト、トート(黄泉の帝王)はトリプルキャスト。
全キャストのバージョンも観たいところですが、
今回は元・宝塚男役トップスターの瀬奈じゅんさんがエリザベート、
元・劇団四季の石丸幹二さんがトートのバージョンにしました。

Dscf3543eriza
この日のキャストはこんな感じ(ダブル・トリプルキャスト分)
ルキーニは10年間ずっと高島政宏さん☆

瀬奈さんも石丸さんもそれぞれ、宝塚と四季で活躍していましたから
いろいろな芝居で二人をそれぞれ観てきていますが、
その二人がキャスティングされているんだから興味深々☆
(みたい会とご縁がある春風ひとみさんもルドヴィカで出演happy01)。

一緒に行ったお友達のYさんと観終わって一言。
「いや~めちゃくちゃ素晴らしかったね~shine
かなり興奮しちゃいました。

出演者の演技も歌もダンスも迫力満点で鳥肌、ほんとにすごく良かったです。

まだ観たことがない方、もう一度観たい方、ぜひ、10月30日までに帝劇へdash
http://www.tohostage.com/elisabeth/index.html

そして私の野望が湧き上がる…

いつか、本場ウィーンでオリジナルの「エリザベート」が観たぁ~いsign03

| | コメント (4)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »