« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

お花*イベントやります♪

明日、4月29日から5月11日まで、お花の作品展をやります♪

Epson022

フラワーサークルメンバー7名による、一年間の作品の集大成として

プリザーブドフラワーのアレンジやシルクフラワーのリース、ブーケなどを展示する作品展。

タリーズコーヒー釧路店のギャラリールームにて行います。

5月5日(祝)には母の日のスペシャルイベントとして、

ミニアレンジのレッスンも開催。

同時に母の日アレンジの販売ブースも用意いたします。

さらに詳しい内容はブログ Fleur Cafe * Flannel に掲載しましたの
どうぞご覧ください♪

http://fleurflannel.blog51.fc2.com/

| | コメント (2)

そろそろ…これの季節到来☆

昨日は用事であちこち出歩いたのですが、寒かった…。

街の温度計は3度!!

家の中から外を見ると日差しが暖かそうなのですが、

いざ外に出ると、ううっ寒いbearingと唸ることもしばしば。

引っ越し来た当初は、みかけの天気と実際の気温のギャップが感覚的に

よくわからず、非常に困りましたね。

「お天気なんだけどきっと寒いんだろうな」と用心することなく

薄着のまま出かけてしまったり。

もう釧路生活も3年なのですっかり用心深くなりましたがhappy01

ところで。

寒いと言いながらも春。

この季節がやってきました!

Dscf2781

行者にんにく~☆

山菜取りの名人のM夫妻から頂きました。

北海道に住む前は、行者にんにくとは一体ナニモノなのか

よくわかりませんでしたが、今ではすっかり大好きになりました。

天ぷらにしてみたり、味付けラムと炒めてみたり。

Dscf2782

これから続々とたらの芽やこごみといった美味しい山菜が

食べられる季節☆

(Mさんご夫妻、よろしくお願いします・笑)

| | コメント (2)

2つの舞台 ~『化粧 二幕』と『アプローズ』~

『化粧 二幕』は、井上ひさし氏により渡辺美佐子さんの為に作られたひとり芝居。

今年5月の座・高円寺での上演をもって、海外を含め600回の公演を数えた
28年間の歴史に幕を閉じることになりました。

くしろ演劇みたい会での公演は4月9・10日。

Epson020_3 

私はちょうど札幌での用事があり、釧路にいられないことがわかった為
みたい会での観劇は断念dash

4月12日、岩見沢の演劇鑑賞会で観劇させて頂きました。

Epson021

***************


作 / 井上ひさし
演出 / 木村光一
出演 / 渡辺美佐子

大衆演劇一座の女座長・五月洋子は、取り壊しが間近に迫った芝居小屋の
ぼろぼろの楽屋にいる。

出番が近づき、舞台用の化粧を始める。
かつらをかぶり、衣装を身に着け、準備を進める中、断片的にある芝居を演じる。
それは母に捨てられた子の物語である『伊三郎別れ旅』。

夢中になって演じてみては現実の世界に戻り、楽屋にいる人たちに話しかけ、
動き回り、そして化粧をぬぐい取る。

そうして女座長は役と現実の世界を行き来しながら、
生き別れとなった息子との再会を果たす。
だが、はたしてどこまでが現実でどこまでが虚構なのか・・・。

*****************

化粧をするとき、まるで鏡を見ているかのように、ドーランを塗り、
眉毛を描き、カツラをかぶる動きのあざやかさ。
演じているのは渡辺美佐子さん一人なのにまるで何人もの登場人物が
そこにいる様なにぎやかさ。

1月に行われた演劇みたい会主催の講演会で、
渡辺美佐子さんはこう話していました。

「にぎやかな舞台を務められるうちに『化粧』の幕を下ろすのが
ずっと私の願いでした。」

本当にその言葉通りのにぎやかな舞台を観ることができました。

くしくも、4月9日に井上ひさしさんが亡くなられ、
北海道公演の後半は美佐子さんにとって辛いものになったと思います。

訃報をお聞きになった直後の岩見沢公演は万感の思いで演じられたのでしょう。
悲しみの中から気迫が伝わり、観客を圧倒する素晴らしい舞台となりましたshine

振り返ると…flair

2か月前の例会では、この『化粧 二幕』と全く違ったタイプの舞台を堪能したので
演劇鑑賞会というのはとても面白い。いろいろなタイプの舞台が見られるのです。

2月の例会は何だったかと言いますと…(報告遅くてスミマセンcoldsweats01)。

ピュアマリー公演 ブロードウェイミュージカル 
      『アプローズ ~映画「イヴの総て」より~ 』


Epson019

演出 / 浜畑賢吉

翻訳 / 保坂磨理子

出演 /
 前田美波里・倉石 功・石原真一・越智則英 
 平田朝音・飯野めぐみ・佐野瑞樹・紫城るい 他

『化粧 二幕』との共通点としては「舞台人」を描いたもの、といえるのでしょうけれど
『アプローズ』はアメリカのショービジネス界を描いたミュージカルで
出演者も総勢20名、歌ありダンスありですから全く違うテイストです。

1月に東京公演(ゲネプロも)を先に観てからの釧路公演でしたが、
何度観ても本当に楽しく素晴らしい舞台でした。
(あらすじ等は1月の日記でも書きましたのでそちらをご覧ください♪)

私は昔から舞台を観るのが好きでしたが、
東京に住んでいる時は全く観方が違いました。
興味のあるものだけ選び、事前にあらすじなど読まずゼロの状態で観る、
というスタイル。

ところが、くしろ演劇みたい会に入ってから観方が一変。

年間5例会で観るものが決まっていている事に加えて、
事前に俳優さんや製作の方の講演会を聞いたり、運営を担当する演劇では、
登場人物や時代背景を研究したり、俳優さんや製作の方との交流を持ったり。

ところがそうした観方に変わった事によって、俳優さんや製作の方々の
舞台に対する思いを肌で感じるようになり、
そして観終わった後の感動がより大きくなりました。
その演劇ごとに一場面一場面の印象も鮮明に残ります。

演劇鑑賞会に対して「好きなのだけ観たいのに、興味ないものも
観なくちゃいけないのはちょっとね…」という意見も聞いたことがあります。

確かにそう思う気持ちもわかる。以前は自分もそうだったから。

でも、今、私は観たいのだけ選んでいた時より、観劇後の充実感が違うと感じています。
たくさん新しい発見があり、観劇がより楽しいものになりましたshine

次の例会は7月の『シャッター通り商店街』☆

釧路の街の現状と重なる大変興味深い演劇です。
さてどんな舞台なのか、今から楽しみです♪

***************

アプローズの運営についての日記を書いてなかったので少しだけ
そちらの報告もさせてくださ~いpaper


11月の「エンバース」に続き、この「アプローズ」も運営担当だったので、
俳優さん&スタッフさんのお出迎えに始まり、楽屋へのケータリング、会場での対面式、
交流会、観光、インタビュー見学、お見送りまで堪能しました☆

観光では俳優さん&スタッフさんと和商市場で勝手丼を食べたり
交流会では俳優さんからの色紙をゲットしたりshine

今回初めて楽屋へのケータリングにもチャレンジしました。

一緒に担当した方はみな様お料理上手なので、私は何にしようか悩みました。
(↑自分でケータリング担当を希望しておきながらsweat02

で、悩んだ結果、釧路らしいものということで…
「丹頂イチゴ」にしました(釧路産のイチゴです)。

え?イチゴなら洗って出すだけじゃん、と言われてしまいそうなので、
ここはひとつ、コンデンスミルクを手作りにしてみようと決意rock

ケータリング前日、根釧牛乳と砂糖をじっくり煮詰めること二時間。
我ながらかなり完成度の高いコンデンスミルクが作れました☆


Dscf2434_2 Dscf2435 Dscf2439  

交流会で俳優さんとお話したとき、ミルク美味しかったよ、と言って頂けました♪
微妙にがんばってよかった☆

この運営を通して、いろいろな経験ができ、たくさんのお友達もできて
本当に楽しかったですhappy01

みなさま、ありがとうございました♪

| | コメント (4)

再会♪

北海道は大荒れの天気です。

釧路は快晴ですが、風が強いことwobbly

この釧路川、いつもは画像の向かって右から左へ流れてるのですが
今日は左側の太平洋から海水が押し寄せ川へ逆流してる・・・

Dscf2655


この写真撮るのに窓を開けたらすごかったdash
開けた網戸が風で勝手に閉まってくるし、カメラが風に煽られて手ぶれが止まらない!

札幌や日本海側はさらに雪もふって冬に逆戻りしてしまっているようで。

ニュースでは春爛漫、桜でいっぱいの造幣局が映ったりしてるけど
北海道はまだまだ厳しい気候です。

昨日まで数日間、私は札幌に行ってきました。
お天気はギリギリセーフ。

昨日釧路へ戻る特急から見える太平洋(直別あたり)はすでに
大シケで、見たことないくらい怖い海でした。

今回は札幌での用事がいくつかあったのでいつもより長めに札幌に滞在できた為
懐かしい方々にお会いしてきました~shine

昨年まで同じマンションに住んでらしたO出さんご夫妻や
お料理教室のお友達で、札幌や岩見沢に転勤になったcomaさんやY美さん☆

だいぶご無沙汰していた方もいたので会えて良かった♪
みなさんお元気そうで、とっても楽しいひと時でした☆

札幌周辺にお友達がだんだん増えてきましたよscissors

ところで。
O出さんご夫妻に連れて行って頂いたお店をちょっとご紹介♪

お店は「Bistro 童夢亭」

ええっ、こんなところにレストランが?!とびっくりするくらい
隠れ家的なお店でした。連れてきてもらわないと絶対わからないsign03

長沼や石狩の契約農場から仕入れたという
新鮮な季節の野菜を生かしたフレンチが自慢のビストロ。

Dscf2643

↑三名分の前菜、並べてみました。
真ん中の天然酵母のパンは一人ひとり違いました。

Dscf2644_2 Dscf2646_4

↑ポタージュにパスタ


Dscf2647

↑デザート


どれも美味しかった♪
今度はディナータイムにも行ってみたいな☆と思いました。

■Bistro 童夢亭
住所:札幌市南区澄川2条3丁目9の15
電話:011-832-5524


そしてO出さんご夫妻お勧めの「ふくらや」のだいこんまんじゅうも
ご紹介したい!!ところですが・・・写真撮るの忘れて食べてしまったsweat02

だいこんまんじゅうなんて珍しいし、とってもおいしかったので
また次回チャンスがあれば載せたいと思います。

・・・って、紹介できないとウソつきになってしまうので(ブログの更新マメじゃないしcoldsweats01
ふくらやの口コミ情報のサイトなどご覧ください(笑)

http://r.tabelog.com/hokkaido/A0103/A010305/1001910/


(O出さん、グルメ情報いろいろありがとうございました♪
またよろしくお願いします!そしてcomaさん、Y美さんもまたお会いしましょう♪)

| | コメント (2)

釧路は日本のブルターニュ☆ガレットカフェ誕生♪

釧路では着々とブルターニュ化?が進んでいるようです♪

「北のガレット大作戦」が始まってから
釧路にはガレット(そば粉クレープ)を食べられるお店が増えました☆


そしてとうとう本日、芦野1丁目に「ガレットカフェ イオル」さんがオープンshine

釧路フレンチ「イオマンテ」さんのガレット専門店です。

早く行ってみたいです~happy01


「ガレットカフェ イオル」

http://ior.no-blog.jp/


Restaurant & Community 「Iomante」
http://www1.ocn.ne.jp/~iomante/

| | コメント (2)

サクラとハナミズキ

みなさんの街では桜は満開でしょうか?

釧路はまだ10度にも達しておらず、春はまだまだ先…
なのですが。

今、わが家ではお花見真っ盛りです。
というのはコレ↓

Photo




桜が咲きました~☆

今、5輪咲いていて、まもなくあと4輪は咲く予定。

2002年から育てている山桜の「旭山」。
枝が伸びすぎているので剪定した方が良いのかな、と
思いつつもそのままの状態なので、
かなり不格好ではありますが、
毎年数輪かわいい花を咲かせてくれます。

Photo_2

やさしいピンクで癒される~。

釧路は毎年「最後の桜前線」を根室と競っています。
ソメイヨシノではなく釧路はエゾヤマザクラで根室はチシマザクラですが。

実は釧路でお花見したことないんです。

今年は噂に聞く「寒~いお花見」にチャレンジしてみたい。
5月の中旬か下旬あたり見れるかな~。

*****

そして「ハナミズキ」。

映画「ハナミズキ」の道内ロケが3月末でついにクランクアップ。

そのニュースを見たお友達からは「生田斗真とガッキー見た?」と
メールがチラホラ。

もちろん、見ましたよ~。
しかもかなり至近距離でガッツリと☆

「ハナミズキ」は道東を舞台に新垣結衣さんと生田斗真さんが主演する映画。
歌手の一青窈さんの曲「ハナミズキ」をモチーフにした純愛ラブストーリーです。

昨年の10月初めは、私の家から徒歩3分くらいのところでの
撮影だったので、2日間にわたりお友達のM紀さんとミーハーしました(笑)

ロケ現場はすごい人・人・人。
釧路にこんなに人がいたのか!と驚くほど、
すごい人でした(いつもは閑散としているのですが)。

M紀さんと家の方へ向おうとたまたま橋を渡ったら、
主演のお二人がスタンバイ中だったので半径2m以内で目撃。

高校生男子が新垣さんを「ガッキー、ガッキー」と必死に呼んでいると
新垣さんが振り向いて手を振ってあげている場面も見ちゃいました。
可愛かった☆

実際、映画のシーンを撮影しているところも見れました。
あのシーンが映画の中でどんなふうに使われているのか・・・早く見たい~♪

素敵なお二人はもちろん、道東の荒々しくも美しい自然・景色をぜひ
全国のみなさんにも見て頂きたいですね~。

「ハナミズキ」は8月21日(東宝)公開。
楽しみです。

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »