« 濃厚な一週間 ②+α | トップページ | 8月の感覚のズレ »

天使☆来釧

5日、天使の歌声、聞きましたnote
美しい~。
癒される~。
しかも、かわいいぃぃ~happy02

フランス人少年、マイヨル君と
日本人パイプオルガン奏者、K氏による教会ミニコンサート。

Photo_2









お友達、S子さんのご主人が
スイスの教会で専属パイプオルガン奏者をしている
K氏とお友達であり、
そのK氏がマイヨル君を釧路に連れてきたことにより、
ミニコンサートが開催されることに。

マイヨル君は13歳。
南フランス、トゥールーズの聖歌隊、
Les Petits Chanteurs a La Croix Potencee de Touluse
のメンバーです。。

スペインに近いトゥールーズからは、
パリまで7時間もかかるそう。
はるか遠いところから、釧路に着たので、
ちょっと時差ぼけで眠そうでしたが、
かわいいぞ~♪
ザッツ フランス少年sign03

急遽、決まったので、
S子さんのお友達や教会の方などが
集まり、アットホームなコンサートになりました。

しかし、13歳の少年が
ラテン語、イタリア語、フランス語、ドイツ語など
色々な言葉で歌えるのってホントにすごいshine

日本人でこんな子がいたら、天才少年として、
テレビに出ちゃいそうだけど(それは大げさ??)、
ヨーロッパの少年合唱団ではあたりまえなんですよね~。

6才から合唱団に入っているというのだから
キャリアは既に7年か・・・。

実は、結構、少年合唱団好きの私heart04
そしてかなりアヴェマリア好きheart04
(クリスチャンではありませんがpaper

カッチーニのアヴェマリアが私のNo.1ですが、
バッハ/グノーのアヴェマリアも、シューベルトのも好きなので
天使の生声で聞けて感動ひとしおshine
そして、ピアイエス(フォーレ)など、
ほかにも好きな歌、いろいろ聞くことができました。

マイヨル君が喉を休めている間、
K氏のオルガンのみの演奏で、G線上のアリアも。
普通のオルガンでもすごくステキなので
パイプオルガンだったらもっとステキなんだろうな~。
釧路にもパイプオルガンがあればいいのに~。


晴れた夏の夕暮れ。
上質な音楽を聞きながら、
非日常のステキなひと時を過ごせましたhappy01

釧路で、少年合唱団くんの歌声を間近で聴けるなんて。
握手しちゃったり、写真一緒に撮っちゃったり。

釧路ってなんだか。
面白いことがいろいろありますな~ smile

☆ただいまダンナ氏の夏休み。
 道東をめぐっていったん釧路に戻りました。
 次は札幌に出発dash

|

« 濃厚な一週間 ②+α | トップページ | 8月の感覚のズレ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 濃厚な一週間 ②+α | トップページ | 8月の感覚のズレ »