« 暑いって? | トップページ | ②・・・の前に。不発弾! »

濃厚な一週間 ①

先週もかなり濃厚な1週間でした。
1つ1つ、ゆっくり日記を書きたいのに
またもや、ためてしまったsweat01
・・・ので、一気にGo!

********

同じプロジェクトの方の息子さんが結婚なさるということで、
急遽、花嫁さん用のブーケのオーダーを頂きました。
ご要望は「ビタミンカラーの元気なイメージ」のブーケcute

お話頂いたのが、22日。
納品期日は26日。
なんと☆
受注から納品までたった5日~sign02

資材の調達やデザイン考案の都合上、
通常は、短くても1ヶ月位は頂いてますが、
今回は5日と、過去最短記録でございます☆

Nさぁん、もうちょっと早く・・・、と思いながらも
ブーケを作るのは、おめでたい事であり
自分としてもうれしいhappy01

ブーケの形にはラウンド型、キャスケード型、
バック型、ボール型など、多様なデザインがありますが、
いろいろお話を聞いてるうち、
ラウンドとキャスケの中間のティアドロップ型のイメージが
湧いてきましたnote

新たに資材の発注をしている時間がないので、
手持ちのローズ、ダリア、カーネーションをメインに使い、
「元気なビタミンカラー」のティアドロップ型のブーケを製作dash

26日朝、ホテルにブーケを無事納品。
間に合ってよかった~!
Nさん、おめでとうございますshine

Photo Photo_2

←上から見るとこんな。
  ダリアやローズ、カーネが入ってます。








***

そして次。

ブーケ納品後、そのまま、ダンナ氏と雌阿寒岳登山へ。
ダンナ氏は山登り好きなので
久々に気分転換の為の登山ですfuji

釧路市内はよいお天気sun
さぞかし、雌阿寒岳からは素晴らしい景色が
見えるだろうと期待「大」。

ところが。

阿寒周辺ははお天気が悪く・・・。
2時間ちょい、ビショビショになりながら、
ドロだらけになりながらの登山の結果。

Photo_3
←こんな所を突き進み・・・





山頂は真っ白で何も見えなーいsign03
しかも暴風dash
そしてめっちゃ寒~いsad

Photo_4


←カメラを一瞬出しただけでビチョビチョ。
  これ以上撮影不可。






・・・ということで、山頂に3分も居ることは出来ず、
早々に下山開始。

8合目あたりの岩陰で冷たいおにぎりにかぶりつき、
こんなに寒いならコッヘルもってきて
お湯沸かしてあったかいコーヒー飲みたかったね、と
冷たいお水しか持ってないことに、がっかり(涙)

下山後、近くの温泉に行き、身体を温めました。
硫黄臭ムンムンで、お湯は気持ちよかったけど・・・spa

たまたま立ち寄ったそこは
なんだか、ちょっと不思議な温泉施設。

だって。
洗い場はないし。
女子の内風呂から、男子の露天風呂が丸見え・・・wobbly

一応ある、すりガラスが首の高さくらいまでだから、
立ち上がると普通のガラス越しに・・・
数人の男性の入浴状況がcoldsweats02

知らずに思わずチラリと見ちゃったけど(ごめんなさい)、
ぎょっとして、中腰で移動。
・・・しかし、なんで私が中腰にならなきゃいけないのsign02

しかも、女子の露天風呂と例の男子用露天風呂の間には、
すだれのような、つい立てのような、
なんとも心もとない仕切りがあるだけsweat02

なんとも、あずましくないsign03
(↑こんなとき便利に使える北海道弁です)

早々に退散しましたdash

また今度、お天気の良い日に登山にリベンジせねばっ。
もっと「あずましい温泉」にも☆


***

そして夜8時。

釧路市内の喫茶「ジスイズ」へ。
在日コリアン3世の旅人、キム・スンヨン氏による
ドキュメンタリー映画「チベットチベット」を鑑賞。
1日限り、特別企画の映画上映会ですslate

Photo_5
←チラシ
  (20時の部も設定され、ラッキー☆)




キム氏は1997年、あてどのない旅の途中、
北インドのダラムサラでチベット問題を知り、
チベット難民の現状を撮影movie

本人も「在日」という立場であるがゆえに、
幼い頃から抱いていた「民族の誇りとは?」
という疑問に答えを出す旅でもありました。

わが家ではダンナ氏の撮影した
1987年のチベットの写真がたくさんあります。
キム氏の撮影したのはそのちょうど10年後、
1997年のチベット。
そして、テレビのニュースでは2008年のチベット。

10年刻みでチベットを見ると。
やはり・・・
事態は深刻です。

チベットがこのままでいいはずがない。
なにか自分に出来ることはないだろうか・・・。

とはいえ、大きな事はできない。

・・・まず出来るのは。

チベットで起きていることを知ること。
こうやってドキュメンタリーを見たり、新聞を読んだり。
小さな1歩だけど。

「FREE TIBET!」と叫びたい衝動に駆られながら、
ジスイズを出ました。

みなさんも、この「TIBET TIBET」を観る機会があったらぜひ☆

Dscf9017


←ジスイズ。とても渋い。







そして次。
27日は・・・。

おっとflair
ごめんなさい。
すっかり長くなってしまいましたので、続きは後日に致します☆

|

« 暑いって? | トップページ | ②・・・の前に。不発弾! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑いって? | トップページ | ②・・・の前に。不発弾! »