« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

濃厚な一週間 ①

先週もかなり濃厚な1週間でした。
1つ1つ、ゆっくり日記を書きたいのに
またもや、ためてしまったsweat01
・・・ので、一気にGo!

********

同じプロジェクトの方の息子さんが結婚なさるということで、
急遽、花嫁さん用のブーケのオーダーを頂きました。
ご要望は「ビタミンカラーの元気なイメージ」のブーケcute

お話頂いたのが、22日。
納品期日は26日。
なんと☆
受注から納品までたった5日~sign02

資材の調達やデザイン考案の都合上、
通常は、短くても1ヶ月位は頂いてますが、
今回は5日と、過去最短記録でございます☆

Nさぁん、もうちょっと早く・・・、と思いながらも
ブーケを作るのは、おめでたい事であり
自分としてもうれしいhappy01

ブーケの形にはラウンド型、キャスケード型、
バック型、ボール型など、多様なデザインがありますが、
いろいろお話を聞いてるうち、
ラウンドとキャスケの中間のティアドロップ型のイメージが
湧いてきましたnote

新たに資材の発注をしている時間がないので、
手持ちのローズ、ダリア、カーネーションをメインに使い、
「元気なビタミンカラー」のティアドロップ型のブーケを製作dash

26日朝、ホテルにブーケを無事納品。
間に合ってよかった~!
Nさん、おめでとうございますshine

Photo Photo_2

←上から見るとこんな。
  ダリアやローズ、カーネが入ってます。








***

そして次。

ブーケ納品後、そのまま、ダンナ氏と雌阿寒岳登山へ。
ダンナ氏は山登り好きなので
久々に気分転換の為の登山ですfuji

釧路市内はよいお天気sun
さぞかし、雌阿寒岳からは素晴らしい景色が
見えるだろうと期待「大」。

ところが。

阿寒周辺ははお天気が悪く・・・。
2時間ちょい、ビショビショになりながら、
ドロだらけになりながらの登山の結果。

Photo_3
←こんな所を突き進み・・・





山頂は真っ白で何も見えなーいsign03
しかも暴風dash
そしてめっちゃ寒~いsad

Photo_4


←カメラを一瞬出しただけでビチョビチョ。
  これ以上撮影不可。






・・・ということで、山頂に3分も居ることは出来ず、
早々に下山開始。

8合目あたりの岩陰で冷たいおにぎりにかぶりつき、
こんなに寒いならコッヘルもってきて
お湯沸かしてあったかいコーヒー飲みたかったね、と
冷たいお水しか持ってないことに、がっかり(涙)

下山後、近くの温泉に行き、身体を温めました。
硫黄臭ムンムンで、お湯は気持ちよかったけど・・・spa

たまたま立ち寄ったそこは
なんだか、ちょっと不思議な温泉施設。

だって。
洗い場はないし。
女子の内風呂から、男子の露天風呂が丸見え・・・wobbly

一応ある、すりガラスが首の高さくらいまでだから、
立ち上がると普通のガラス越しに・・・
数人の男性の入浴状況がcoldsweats02

知らずに思わずチラリと見ちゃったけど(ごめんなさい)、
ぎょっとして、中腰で移動。
・・・しかし、なんで私が中腰にならなきゃいけないのsign02

しかも、女子の露天風呂と例の男子用露天風呂の間には、
すだれのような、つい立てのような、
なんとも心もとない仕切りがあるだけsweat02

なんとも、あずましくないsign03
(↑こんなとき便利に使える北海道弁です)

早々に退散しましたdash

また今度、お天気の良い日に登山にリベンジせねばっ。
もっと「あずましい温泉」にも☆


***

そして夜8時。

釧路市内の喫茶「ジスイズ」へ。
在日コリアン3世の旅人、キム・スンヨン氏による
ドキュメンタリー映画「チベットチベット」を鑑賞。
1日限り、特別企画の映画上映会ですslate

Photo_5
←チラシ
  (20時の部も設定され、ラッキー☆)




キム氏は1997年、あてどのない旅の途中、
北インドのダラムサラでチベット問題を知り、
チベット難民の現状を撮影movie

本人も「在日」という立場であるがゆえに、
幼い頃から抱いていた「民族の誇りとは?」
という疑問に答えを出す旅でもありました。

わが家ではダンナ氏の撮影した
1987年のチベットの写真がたくさんあります。
キム氏の撮影したのはそのちょうど10年後、
1997年のチベット。
そして、テレビのニュースでは2008年のチベット。

10年刻みでチベットを見ると。
やはり・・・
事態は深刻です。

チベットがこのままでいいはずがない。
なにか自分に出来ることはないだろうか・・・。

とはいえ、大きな事はできない。

・・・まず出来るのは。

チベットで起きていることを知ること。
こうやってドキュメンタリーを見たり、新聞を読んだり。
小さな1歩だけど。

「FREE TIBET!」と叫びたい衝動に駆られながら、
ジスイズを出ました。

みなさんも、この「TIBET TIBET」を観る機会があったらぜひ☆

Dscf9017


←ジスイズ。とても渋い。







そして次。
27日は・・・。

おっとflair
ごめんなさい。
すっかり長くなってしまいましたので、続きは後日に致します☆

| | コメント (0)

暑いって?

連日、全国で猛暑のニュースが続いてますが、
釧路は本日17度。
猛暑とは無縁。
暑いってどんなんだったっけ?と思うほど涼しいです。
連休はお天気もよく、25度位になった日もありましたがsun


先週の木曜、二泊で札幌に行きましたbus
札幌は暑かったspa
久々に汗かいたsweat01
毛穴開放~happy02

50~70%オフのバーゲン真っ最中だったので
お洋服を少々調達してきました。
もちろん、私の選ぶ服は袖のあるもの、羽織るもの。
釧路では夏でもそーいうのが必需品ですpaper

しかし、店員さんは当然のごとく、夏真っ盛り用の
ノースリーブでペラペラの薄手のものを勧めてきます
・・・わかるけど。
見るからに「寒そう」・・・だな。

私があまりにもそういった服にのって来ないので
店員さんはちょっと怪訝顔eye


うーむ、しょうがない。
言おう。

「・・・私、釧路から来たんですぅ~scissors


これを言うと☆
面白いことに、買い物がすっごく盛り上がる~note

「そうですか!だから袖があるものなんですね!」
「今、何度くらいなんですか?」
「え、18度?さむー☆」
「っていうか、いいですね。涼しくて」etc.

同じ北海道でも意外と釧路を知らなかったり、
よく知ってたり。

知らないなら教えてあげようsign01って事で、
「冬はですね、快晴で雪がほとんど降らないんですよ。
魚介が美味しいし、釧路サイコーですよ」と
観光大使のように釧路のいいとこ説明してみたり。

つくづく感じるのは北海道の店員さんは
ホントに気さくで話しやすい。
東京ではどこか気まずいよそよそしさを
感じながら(私だけ?)
買い物をしてましたが、こちらは全然ちがうhappy01


札幌駅のステラプレイス内のあるショップでは、
津別出身の店員さんと
「津別はかなり暑いですよ~」とか、
「コンビニが二軒しかないんですよ~」なんて
街についての雑談から、
だんだんヒートアップし、私が釧路の街おこしの
プロジェクトに入ってる話をした後には、
近くの棚から
「ぜひ、街おこしの講演会をするときに、
コレを着てくださいshine」と
ハデハデなジャケットを持ってきたdash

・・・えっsign02 講演会sign02
そんなのしませんっ~(笑)
なので、そのハデハデジャケットは要りませんっcoldsweats01



・・・と、あれやこれやと楽しい札幌の二泊三日でしたdog

セツさん、エリさん、毎度ながらいろいろお世話になりました☆
また来月、宜しくお願いしますsmile

| | コメント (0)

ダモイ

ここんところ、釧路はお天気悪いですcloudrain
この季節はしょうがないんだけど。

本州の(というか道内でも釧路以外の)天気予報を見ると、
あまりに気温が違いすぎて、釧路だけ異国のようです。
「釧路という異国」というポスターが釧路の
あちこち張られているけど、まさにそのとおりsign03
某広告社に勤めるK氏がつけたキャッチコピーですが、
ずばり、といった感じですflair

*******

さてさてpaper
この一週間ほど、頭の中がまだダモイってました☆
ダモイのことを色々思いだして報告せねばならない
ハプニングがあったというのも理由のひとつですが、
運営サークルとして頑張ったので、
その反動でダモイ燃え尽き症候群~sign02


先週、7月2日・3日は
くしろ演劇みたい会の例会「ダモイ」の公演。

いつ帰れるかわからない日本を思い、
抑留されながらも、
希望を捨てずシベリアで力強く生きた人々の物語です。

私は2日に観劇。
いろいろなことを考えさせられました。

「希望」というのは人間が生きていく為に
絶対なくてはならないもの。
それがなくなったら人間はどうやって生きていけばよいのだろう。

日本を想い、未来の日本に希望を託し、亡くなっていった方達が、
今の日本を見たらどんな気持ちだろう。

重いテーマではありましたが、
出演者3名による渾身の芝居を
観客もしっかりと受け止める事ができ、
本当に素晴らしい舞台となりましたshine


ダモイの運営サークルとして、
どっぷりダモイに浸かった2日間。
思い起こせば準備が始まったのが4月。
演劇みたい会のいろいろな方々とお知り合いになり、
いっしょに作り、準備してきました。

そして、1日目の観劇後は役者さんとろばたを囲んでの交流会、
2日目は役者さん&スタッフさんと
釧路湿原、和商市場への観光、
本番前には楽屋でのインタビュー。
今まで経験したことのない超エキサイティングな
2日間でしたnote

平田さん、新納さん、荒谷さん。
三人ともほんとに穏やかで優しく、ときに楽しく
魅力的なオジサマ達でしたsign04lovely
スタッフさんたちも気さくで
楽しい方たちhappy02

皆様、釧路に来てくださり、
本当にありがとうございました~note
みたい会一同、感激してます!
また来てくださいね☆
お待ちしておりま~すhappy01
・・・ってそれまで私は釧路にいるのかい??


詳細は、みたい会のHPにいろいろ載ってます。
見てね!(・・・載りすぎかsign02coldsweats01
http://homepage3.nifty.com/mitaikai/damoi_reikainomatome.html

| | コメント (0)

いよいよ☆

28日のハンマーダルシマーのコンサート、
29日のディスコ、ハッスルトレインは無事終了☆

小松崎健さんと渡部悟恵さんの奏でるハンマーダルシマーは
ホントにステキな音色でしたnote
すっかりハマリ、小松崎さんソロのCDと
HARD TO FINDのCDを購入。
(小松崎さんのHP↓)
http://sapporo-online.cool.ne.jp/sac/00_komatsuzaki_box/kenji_komatsuzaki_top.html

ダンナ氏に「ハンマーダルシマー習いたいかも~heart04
って言ったら、即、ダメ出しされましたcoldsweats01
そりゃそうだ(笑)

・・・しかし。
またもやこの釧路で「It's a small world」なことがsign03

なんと小松崎さんはウチのダンナ氏の姉夫婦とお知り合いでした☆
しかも、数年前の私達の結婚式の時に、
姉夫婦がやってくれた出し物の
音楽が小松崎さんの演奏する曲だったんですね~。
びっくりびっくりflair
そんなわけで、コンサート後の打ち上げも楽しかったです。

そして翌日のハッスルトレインnote
年齢層は少々高め。
・・・しかし、熱い!!みんな踊る踊るsign04dash
思わず踊りだしたくなるような音楽ばかりで
私も少々・・・(笑)

釧路は寒いが(今日なんかは10度)、
ハートは熱いぜspaって感じのディスコナイトでした happy01

そして本題paper
いよいよ来ましたsign03
「ダモイ」です。

7月2日、3日は演劇みたい会の例会 shine
私は、明日、2日に観劇です。

今回、わがサークルはお手伝いを担当。
足しげく(?)みたい会事務所に通い、
それぞれの担当にわかれ、いろいろ準備してきました。

担当と一口にいっても、お手伝いの内容は多種多様です。
当日のもぎりももちろんのこと、
会場案内、喫茶、役者さんが到着した時のお出迎えや
食事のケータリング、終演後に花束を渡す係など、
他にもたくさんあります。

今回、私は観光ガイドとインタビューを
担当させていただくことになりました☆
釧路二年目に突入したばかりの私にガイドが出来るのだろうか、
という不安はありますが・・・。
外から来た者として、釧路の魅力をお伝えできれば、と思っています。
もちろん、私一人ではなく、心強い仲間もいますのでrock

明日の観劇後は役者さん&スタッフさん達との交流会、
翌日3日の朝から、観光ガイド、
そしてそのあとにインタビュー。
めちゃ盛りだくさんです。
がんばるぞ~good 

(トムプロジェクト・ダモイのサイト↓)
http://www.tomproject.com/works/rahgeri.html

(くしろ演劇みたい会のサイト↓)
http://homepage3.nifty.com/mitaikai/top.htm

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »